タクシー運転手ってどんな仕事?未経験から転職する際に抑えておきたいポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

未経験からタクシー運転手へ転職をお考えでしょうか?

タクシー運転手は慢性的な人手不足でフリーターや40代、50代からの未経験者でも転職が狙える数少ない業界です。
また、地方からの転職希望者にも手厚く、面接の交通費持ち、転職後の寮完備という会社も出て来ました。

タクシー運転手は給与が安く、夜が遅く、酔っ払い対応など大変な仕事。。。というイメージを持たれている方もいるでしょうが?

タクシーの運転手は勤務時間も長いですが、休憩時間も確保されており、会社によっては休憩所に仮眠室やお風呂がついているところもあります。
さらに、一日働くと聞くと長いような気もしますが、月の出勤は12日程度で月収40万円を狙えたりもします

体質が合う人にはこれ以上ない職場だったりもします。

今回転職レノンでは、未経験からタクシードライバーを検討されている方にタクシードライバーの仕事、年収、転職方法、キャリアアップの仕方などをご紹介していきます。

タクシー運転手の知られざる3つの魅力

需要は高い!?乗客数は年々成長、慢性的な人手不足

タクシー運転手は都心部を中心に利用者が順調に増えてきています。
ここ最近では海外からの外国人観光客が増えて来ており、タクシーを利用する人はどんどん増加しています。

その一方、タクシー運転手は長時間労働、夜間勤務など”キツイ仕事”というレッテルが貼られており、進んでタクシー運転手になりたいという人が少ないというのが現状です。

また、労働人口の低下も伴い、深夜まで運転しなくてはいけないなどの不規則な労働環境を背景に、増えていく乗客に対し、運転手の絶対数自体足りていないというのもあります。

つまり、タクシー業界への転職=売り手市場となっているのが現在の業界の特徴です。

年収500万円以上、中には年収800万円の高所得者も

頑張れば未経験からでも稼ぐことができるのがタクシー運転手の仕事の特徴です。
運転手の数が少なく、乗客が多いため売上を安定してあり、都心のタクシー会社で働く場合、年収500万円以上はザラ、中には年収800万円以上を稼ぎ出す運転手もいます。

タクシー大手企業では未経験1年目からでも400万円〜500万円の年収を狙うことができます。

「国際自動車」ホームページより

また基本給+歩合制を導入している企業が多く、月収が多めでボーナスが少なめという企業が多いのも特徴です。
月額40万円ほどもらえる一方、ボーナスでは寸志程度というケースが多いです。
業績連動型のボーナスですともらえる場合ともらえない場合の幅が大きく下がった時の負担が大きいです。毎月頑張り次第で高額の給与をもらいたいと言う方には良いかと思います。

労働条件も改善?定年後も長く続けられる

タクシーの運転手は年収以外の条件も充実しています。

タクシー業界の定年は65歳〜75歳と定年してからも働ける環境です。
地方から転職してきた場合、面接の交通費、転居後の寮などの暮らしのサポートも充実しています。
上京者向けの寮完備の会社は特に多く。家賃も2万円程度で暮らせる会社もあります。
また、休憩室や仮眠室が充実している会社もあり、業務中ちょっとした休憩をサクッと取ることができる会社もあります。

業界大手「大和自動車交通」の採用ページより

慣れれば楽な勤務時間

タクシー運転手というと

「深夜までの労働が大変そう」
「体力勝負の仕事」

というイメージをお持ちの方もいるかと思います。
確かに一回の勤務時間は長いものの、休日なども考えると割と都合の良い仕事だったりもします。

一回の勤務時間は休憩も含めて24時間程度。
朝出勤し、朝まで勤務というのが多いパターンです。

しかし、朝勤務終了してからは当日はお休み、さらに、翌日もお休みになります。
そのため、1ヶ月の出勤日数は10日〜15日程度と勤務日が少なく、休みも多いのがこの仕事の特徴です。

女性運転手も増加中!

タクシー運転手というと「男性」「おじさん」というイメージがある方も多いかと思いますが、最近では女性の運転手を街で見かけることも多くなりました。
労働条件なども改善され、女性運転手や20代の若手運転手が出てきたのもこの業界の魅力です。

タクシー運転手になるには?タクシー運転手になるために必要な資格

タクシー運転手になるには「第二種運転免許(二種免許)」と呼ばれる免許が必要になって来ます。
二種免許は、バスや配達など業務で運転をする人に必要な免許で、下記の条件を満たせば取得する事ができます。

  • 18歳以上であり運転免許を取得してから3年以上経過している
  • 適正試験、学科試験、技能試験に合格している

講習は58時間と定めがあり、受講料も30万円ほどと高額です。

ただ、最近ではほとんどの会社が一種免許で採用し、会社で二種免許を負担してくれるようになりました。
二種免許の研修は10日ほどで終了するので入社後の社員研修として思えばそんなに取るのは大変な資格ではありません。

二種免許取得を会社負担でサポートしてくれる会社を探す

東京、大阪、横浜で運転をするなら必ず必要な地理試験

東京23区、大阪市、横浜市などの一部地域で運転手をする場合、地理試験の受験が必要です。
地理試験はエリア内の地名や目的地までのおおよその乗車時間、料金などを把握する必要があります。

経験10年以上で個人タクシーへ挑戦もできる

法人でタクシー運転手として10年乗車経験を積めば個人タクシーにチャレンジすることもできます。

タクシー業界の給与体系はほとんどが基本給+歩合で成り立っています。

法人タクシーの場合、歩合は乗車料金の6割程度。4割は所属する会社へ納める形になります。
しかし、個人タクシーの場合、100%完全歩合であることに加え、勤務時間の拘束もありません。そのため自分の勘でお客さんがいる場所に好きな時間に向かえば良いのです。

車両購入など必要な経費は全て自分持ちになりますが、月収80万円近く稼ぐ個人もいる業界ですので夢のある仕事ではあります。

タクシー業界へ転職するなら

タクシー運転手への転職をお考えの方に好条件の求人が多く集まる求人サイト&転職エージェントをご紹介します。

好条件の求人情報が多い「タクQ(タクキュー)」

タクQのホームページ


タクキューは好条件の求人情報が多く集まるタクシー業界専門の求人サイトです。

 タクQの公式サイトをみる

全国の主要都市の求人が多く集まる「転職道」

転職道の求人サイト

転職道はタクシー運転手に特化した求人サイトです。
京王自動車、大和自動車、飛鳥交通などの大手から中小企業の求人まで幅広い求人情報に応募することができます。

 転職道の公式サイトをみる

まとめ

未経験からタクシー運転手をお考えの方に現在の求人の需要、得られるであろう年収や労働条件、タクシー運転手になるためにはなど、未経験からタクシー運転手を検討している方に情報をお届けしてきました。

タクシー運転手は年齢関係なく働ける仕事で転職回数などについても寛容な会社が多いため迷った方はまずタクキューなどプロの転職アドバイザーに相談して見るのも良いかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

転職エージェントを活用しよう

転職エージェントを活用してみましょう!

転職は人生を左右する大切な節目、プロの転職エージェントに相談をしてみるのも一つの選択肢かもしれません。
転職エージェントは求人の紹介だけでなく履歴書、職務経歴書の添削、応募企業の攻略のための面接対策対策など様々な転職支援を無料で行っています。

転職ラボでは、数ある転職エージェントの中から支援実績が豊富な選りすぐりのエージェントを比較ランキングで紹介しています。

自分にあった転職エージェントを選んで転職を成功させましょう!

オススメ転職エージェントを見る

Facebook、Twitterで最新情報を配信しています。