未経験からエンジニアに挑戦できるプロエンジニアの評判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

全くの未経験からエンジニアに挑戦したい方に、教育&就職支援を提供しているプロエンジニア。

無料でエンジニアになるための勉強から就職支援までサポートしてくれるなんて、これからエンジニアを目指そうという方にはかなり都合が良いサービスですが、サービスを利用する前に評判やその中身をしっかり吟味してから利用してみたいですよね。

転職レノンではプロエンジニアのサービスを徹底解説、このページを見ればプロエンジニアに登録すべきかどうかがわかります。

プロエンジニアとは?

プロエンジニアとは、全くの未経験の方のためにスクール&求人情報の提供、就職支援をサポートするサービスです。

「全くの未経験でもこれからエンジニアになって働いて見たい」という方にエンジニアとしての教育から仕事先の紹介までをサポートしてくれ、その就職率は96.2%ということですからかなりのものです。

  1. 「フリーター、全くの未経験からエンジニアを目指したい」
  2. 「エンジニアへ転職したいけど、どうやってなったら良いかわからない」
  3. 「無料でエンジニアの基礎を学び、あわよくば就職・転職もしたい」

という方にオススメのサービスです。

実際、プロエンジニアのサービスを使う人は元々フリーターの方や前職で全くITとはほど遠いアパレルや営業職についていた方がほとんどです。



プロエンジニアのサービス内容&メリット

無料でエンジニアになるための教育が受けられる

「全くの未経験だけどプログラマーの勉強して就職したい!」というと、普通、ITスクールやオンライン教室などに通う必要があり、安いコースでも10万円、本格的に学ぶには20万〜30万円を超えることも珍しくありません。

未経験からのプログラマー教室の相場
KENITスクール 通学型
Androidアプリ開発64時間コース
228000円〜(入学金含め)
アビバ 通学型
(Javaプログラミングコース)
300000円〜
TECH ACADEMY オンライン授業
(Webプログラミングコース8週間)
179000円〜

その点、プロエンジニアでは数ヶ月に渡るプログラマーになるための研修を全て無料で受けることができます。
※無料で受講できる仕組みは後ほど紹介します。

働くことを前提にした実践的な研修プログラム

プロエンジニア に登録をするとまずは目指すキャリアや希望をヒアリングして受講するレッスンを決めていきます。
コースは主に2つがあり。それぞれ↓のような特徴があります。

エンジニアカレッジ プログラマーカレッジ
システムの運用を主するネットワークエンジニアを目指す方向け。
LINUXというサーバーの技術を学習。
システムを作るプログラマー、SEを目指す方向け
JavaやPHPと呼ばれるプログラミング言語を学び、実際にアプリやプログラムを作る。

エンジニアカレッジ、プログラマーカレッジ共に「働いてからも使えるスキル」を身につけることに集中したプログラムを提供しているため教育の内容がより実践的です。

受講が開始すると講師が、パソコンの基礎から丁寧にじっくり教えてくれます。
元々パソコンが得意でない人も、パソコンを持っていない人も「なんとなくエンジニアになってみたい」と漠然に思っている人でも基礎からじっくりわかりやすく勉強を開始できる点が強みです。

研修は60時間の学習を中心に作られていますが40時間で終えて就職していく方もいます。

手厚い就職支援、就職率96.2%!なんでそんなに就職できるの?

プロエンジニアの最大のメリットは就職支援と言えます。

せっかくエンジニアとしての基礎が身についても仕事で使える場がなければ意味がありません。
プロエンジニアの運営母体はITエンジニアに特化した転職支援を行なっているインターノウス株式会社です。毎年1000名以上のエンジニアの就職&転職支援に関わっています。

数々の企業の面接や採用状況を熟知しているからこそ、プロエンジニアの受講者には教育だけではなく

  • 職務経歴書の作成サポート
  • SPIなどの入社試験対策
  • 模擬面接&マナー研修

など実際の面接を意識したノウハウを丁寧に伝えていきます。
紹介先企業には大手企業やベンチャー企業など様々。プログラミングやネットワークを覚えた上でどこでどんな仕事に取り組みたいか相談しながら就職先を探していきます。

プロエンジニアの紹介先企業例

実際に96.2%の就職率を達成していることがサービスの質の高さを証明しています。

全て無料には訳がある?使う前に知っておきたい無料の仕組み

プロエンジニアは教育&就職支援が無料で受けられます。
他スクールで20万円ほどする内容です。

そんな受講者にメリットたっぷりのサービスがなぜ無料で提供できるのでしょうか?

それは、エンジニアカレッジ受講後に就労支援をする企業側から人材の紹介手数料をもらっているからです。

ここでは細かく紹介はしませんが、ITエンジニアは今やどの企業でも引っ張りだこ。
経験者や上級スキルの人材を採用するのは容易ではありません。
ましてや一般に知られていない企業であれば採用難は尚更で、未経験でもある程度システムについて基礎がある人材であればお金があっても採用したいという企業が多くあります。

そのため、プロエンジニアは就労をサポートする代わりに無料で教育サービスを提供することができるのです。簡単に説明するとこれがプロエンジニアの無料で提供できる仕組みです。

ちなみに、当サイトではあまり推奨しませんが、途中で辞めても受講料を請求されるなどの罰則はないようです。



プロエンジニアのデメリット(地方拠点がない)

プロエンジニアのデメリットとしてあげられるのが場所の問題です。
現在プロエンジニアではオンラインで勉強する仕組みがないため、受講を希望する場合は通学が条件になります。
現在は池尻大橋、渋谷にあり、実質どちらかの教室に通えることができる方のみ利用できるサービスです。

未経験からエンジニアを目指す方に向けてサービスを向上させていますので未経験からエンジニアを目指す人にとってはデメリットは正直ありません。
講師が在中している授業については時間が限られていますが、スカイプでの授業なども充実しているので出席ができなくても授業についていくことは可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
プロエンジニアのサービスのメリットはフリーターでも第二新卒でも全くの未経験でも働けるようになるまでサポートしてくれる点です。
数ヶ月に渡るエンジニアの基礎勉強を耐えられるのであればエンジニアのキャリアのスタートには良いサービスだと自信を持ってオススメします。

未経験からの転職をお考えの方はぜひ登録をしてみてください。



Facebook、Twitterで最新情報を配信しています。