未経験から介護士を目指す人が知っておくべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

未経験から介護士への転職をお考えでしょうか?

介護業界は日本の数少ない成長産業です。どの施設も人手不足で悩んでおり、利用する高齢者はたくさんいるけど、採用がうまく行かず施設を開けられない。なんていう施設もあったりします。

また、介護士はキツイ、汚い、危険という3Kの仕事と思われている人もまだまだいます。

しかし(声を大にして)、介護士って実はそんなに大変な仕事でも給与が安い仕事でもないんです。
しっかりと働く施設やキャリアを考えてから勤め上げれば定年を越えても働くことができ、介護自体にもやりがいを持って働ける素敵な仕事です。

今回は未経験から介護職を目指される方に介護職の現状から給与、キャリアについて詳しくご紹介をしていきたいと思います。

介護士の仕事の実態

給与は低いが長く続けられる。給与は徐々に上がっていく

介護職は給与が安いと言われています。事実、未経験から介護職につく場合、18万円〜が相場で低いところでは17万円からという会社も珍しくありません。その代わり、介護職には資格がしっかりしており、資格手当や役職がついてくると30万円ほどは手が届く場合もあります。

また、介護=現場仕事とお考えの方も多いかもしれませんが、ご家族や高齢者の相談にのり適切な介護サービスを紹介してくケアマネージャーという仕事も経験5年を目処に取得できるようになっており、現場が体力的にキツイ方も事務系の仕事への可能性が用意されています。

こうやって介護職を入り口に現場責任者や相談員、ケアマネージャー、施設長など様々なキャリアを築ける可能性があるので介護職の魅力です。
また、定年制度を設けていない会社もあり、70歳まで正社員で働いている会社も多くあります。

仕事の需要が耐えない

普通一般企業に勤めると転職回数が多い転職者は人事担当から「この人はすぐに辞めてしまいそうだ」「何か人格に問題があるのではないか」と疑われることが多々あります。

その一方、介護職の方は転職回数が多い方で5回、6回という方もいますが、ほぼ問題なく勤めることができます。
また介護施設はどの地方にもあるため、例えば沖縄県に移住したい!とお考えの方は沖縄の介護施設で雇ってもらい移住生活をスタートさせるなんてこともできなくもないです。

ほとんどが無資格&未経験からのキャリアスタート

介護業界には看護師や理学療法士、作業療法士などの専門職がいますがどの職業も国家資格が必要で専門学校や大学で4年〜の勉強が必要な職業です。
その点、介護士や無資格&未経験からキャリアをスタートすることができ、働きながら介護福祉士などの上級資格を狙うことができます。

楽しい職場

介護職は人生の大先輩であるおじいちゃんおばあちゃんをケアしながらどうやったら余生を生き生きと暮らせるかを考えながら取り組む仕事です。
やってみるとこれほどやりがいのある仕事はないと感じる人も多くいます。

介護士の就職先別の働き方

一つに介護士と言っても働く場所によって働き方は様々です。ここでは施設毎の特徴を紹介します。自分に合った職場を見つけましょう。

デイサービスでの仕事の実態

デイサービスとは、要介護の方が日中の間通う施設の事を言います。
入浴やお昼ご飯や機械運動の他、レクリエーションなどを主に楽しみます。
他の多くの介護職と違う点は夜勤がないこと。8時くらいから17時くらいの職場が多く健康的な生活を望む方にオススメの職場です。

特養(特別養護老人介護施設)での仕事の実態

夜勤が多く、夜勤時も数十名のおむつ交換など割と大変な職場です。
需要は高く、どの職場でも常に求人がある現状です。
無資格でも働ける場合が多く、介護のスキルも身につくので介護未経験の方には面白い環境かと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Facebook、Twitterで最新情報を配信しています。