転職エージェント活用のメリット、デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

転職を考えた際に転職エージェントの活用をお考えですか?

転職エージェントについてはもう様々なところで説明がされてきていますが、どこまでサポートをしてくれるのか、なぜ無料なのか、どのエージェントに相談をするのが良いのかなどわかりにくいもの。

今回は元&現役転職コンサルタントで運営する当サイト転職ラボなりの見解で転職エージェントについてご紹介したいと思います。

転職エージェントとは?

転職エージェントとは転職者に対して、面談を行い、その人に最適な求人の提案に加え、企業応募、面接日程の設定、面接対策、入社調整、年収交渉など転職に関わるあらゆることをサポートとしてくれる転職の心強いサポーターです。

また、転職エージェントのもう一つの顔として「人材紹介会社」としての顔があります。人材紹介会社は求人企業から直接採用の依頼を受けた求人情報に対し、採用募集をかけ、人材を紹介します。紹介時の手数料(相場は紹介者の年収の30%)を元に事業を運営しています。

転職エージェントのサービスは全て無料で受けることができますが、その背景には求人企業から成功報酬で手数料を受け取る人材紹介会社としての事業があることを頭に入れておいてください。

取り扱い求人が多い

転職エージェントで取り扱う求人は小さいところで数百件、最大手のリクルートエージェントやDODAになると10万件以上の求人を取り扱っています。
なぜここまで多いのかというと、転職サイトと違い、採用するまで費用が発生しない成果報酬のため掲載量がかからず、企業は比較的簡単に求人の依頼が出せるからです。

また転職エージェントで扱う求人の特徴に「非公開求人」というのがあります。
転職エージェントに寄せられる求人は「日本進出の立ち上げメンバー」や「新規事業の責任者」など企業戦略上、外部の漏れたくない求人が多く、企業側が掲載をして欲しくない案件が多いのが特徴です。

また、単純に掲載件数が多すぎて求人サイトに掲載する時間がないというのもあるようです。

転職エージェントのサービス内容、特徴

キャリアカウンセリング後の転職アドバイス

転職エージェントに登録すると必ず面談を行います。面談の形式は転職エージェントのオフィスに訪問し、行う形式と転職コンサルタントが転職者の最寄り地まで行きカフェやラウンジなどで行うケース、最近ではSkypeなどで行うケースも増えてきました。

面談が必要なのは、職務経歴書だけでは判断できない転職者の魅力を発見することに加え、応募企業に十分推薦できる人か判断をしたいという転職コンサルタント側の都合もあります。

コンサルタントによっても対応はまちまちですが、面談後に面談でヒアリングした内容を元に、職務経歴書に反映したほうが良い点についての指摘、説得力の増す書き方の改善のアドバイスをくれます。

求人の提案

転職エージェントに登録する最大のメリットは非公開求人に出会えることです。
一般的に、転職エージェントに寄せられる求人は年収400万円〜1500万円程度と即戦力、中級以上の年収の求人が多く、転職サイトに寄せられる求人よりも質が高いです。

そのため、転職サイトでは探しきれない求人情報を豊富に見ることができます。

応募手続きの代行

好みの求人情報が見つかったら応募手続き(履歴書、職務経歴書の提出、応募の連絡、面接日程の調整)は全て転職コンサルタント側で対応してくれます。
自分で応募すると一社一社職務経歴書をアレンジしたり、面接の日程調整などで何通もメールのやり取りをする必要がありますが、転職エージェントを経由すると職務経歴書のアレンジの必要も面接日程調整のやり取りも全て任せることができ、効率良く複数の企業への応募が可能になります。

転職エージェントを活用するメリット

転職のプロからのアドバイス

非公開求人の紹介

応募手続き、面接調整などの代行

転職サポート

年収交渉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Facebook、Twitterで最新情報を配信しています。